読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普通の人

普通の人の日常

代田のアパートのこと

小暮荘物語を読んだ。

 

木暮荘物語 (祥伝社文庫)

木暮荘物語 (祥伝社文庫)

 

あらすじ 

世田谷区代田あたりの古いアパート「小暮荘」の住人やら大家やら周囲の人の話。

短編7篇で構成されている。

 

感想

私は「柱の実り」(前田さんの話)と「ピース」(はるかちゃん)が泣いた。もう抗えないものがあるんだな。

でも、「黒い飲み物」(佐伯夫婦)はユニコーンの「おかしな二人」という曲がグルグル鳴って愛おしかったし、「心身」は現在進行中の悩みでもある。セックスがしたいんじゃない。セックスを通じて感じる「求められている」「必要とされている」というのを「セックス抜き」でセックスで感じたいのだ。

 

どうした私。落ち着こう。

 

「穴」は、もうねー、読んだ人と呑みながら話したい。個人差が出るだろうし、男と女じゃ感想も違うだろうし、女性ならどこまで女子大生に共感できるか。はけっこう幅があると思う。

 

「シンプリーヘブン」と「嘘の味」はじわじわくる。

並木みたいな人を好きになれたら幸せだろう。

 

なんだか最近並木のことばっかり考える。